矯正治療について

矯正治療

矯正治療とは、悪い歯並びや噛み合わせをきれいに整え、きちんと噛み合うようにする歯科治療です。矯正装置を使って歯や顎の骨に力をかけ、ゆっくりと動かしていくことで歯並びと噛み合わせを治していきます。
歯並びを整えることは、見た目を美しくするだけではなく、虫歯や歯周病の予防、口呼吸の防止など全身の健康にもつながります。

こんな方におすすめ

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前に突き出していたり、上の歯並び全体が前に出たりしている状態。口を楽に閉じることが難しく、口呼吸になりやすいため、口腔環境悪化のリスクがあります。

反対咬合(受け口)

反対咬合(受け口)

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせです。うまく噛めないだけでなく、滑舌が悪くなりやすく、肩こりや身体の歪みにもつながります。

八重歯・乱ぐい歯(叢生)

八重歯・乱ぐい歯(叢生)

八重歯は上の糸切り歯が飛び出している状態、歯並びがデコボコになっている状態を「乱ぐい」といいます。歯が重なった部分に歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病のリスクが高い歯並びです。

開咬

開咬

噛み合わせたときに、上下の前歯が接触せず隙間が開いてしまう状態です。サ行・タ行の発音、咀嚼がしにくく、口呼吸による乾燥で口腔内のトラブルも多くなります。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間がある歯並びです。見た目が気になる、歯の間に食べ物がはさまる、発音がしにくいなどの問題が生じます。

当院の矯正治療について

成人矯正

成人矯正

当院では、幅広い症例に対応できるマルチブラケット装置を使った矯正治療を行っています。
矯正治療をご希望の際は、まずはカウンセリングと精密検査を行います。治療計画について説明し、患者様の合意のもと矯正治療を進めていきます。期間は症例によって変わりますが、1年半~2年半が一般的です。

患者様のご希望や歯並びの状態に合わせて、全額矯正から部分矯正まで対応しています。
歯並びや噛み合わせが気になる方は、ご相談ください。

マルチブラケット装置を使った矯正治療のメリット・デメリット

メリット

デメリット

当院の矯正治療について

成人矯正

成人矯正

当院では、幅広い症例に対応できるマルチブラケット装置を使った矯正治療を行っています。
矯正治療をご希望の際は、まずはカウンセリングと精密検査を行います。治療計画について説明し、患者様の合意のもと矯正治療を進めていきます。期間は症例によって変わりますが、1年半~2年半が一般的です。

患者様のご希望や歯並びの状態に合わせて、全額矯正から部分矯正まで対応しています。
歯並びや噛み合わせが気になる方は、ご相談ください。

小児矯正

口腔筋機能療法(MFT)とは

口腔筋機能療法(MFT)とは

舌や口唇、頬などの口腔顔面筋のトレーニングを通して、筋肉のバランスを整えていきます。舌や唇の位置の改善、鼻呼吸、歯並びなど口腔機能の改善を目指した療法です。

マイオブレーズ

マイオブレース矯正の方法

マイオブレース矯正では固定式の器具を付けず、起きている間の1時間と就寝中、マウスピースを装着します。
対象年齢:5~15歳

マイオブレース矯正とは

歯並びが悪くなってしまう原因とされるお口周りの悪い癖を治したり、口腔周辺の筋肉が正しく成長するためのトレーニングを行うことで、予防的に歯並びを整える矯正治療 マイオブレースは、世界110ヵ国以上で行われています。

マイオブレースメンバー

当院はマイオブレースメンバーの認定を受けている歯科医院です

Myobrace矯正加盟クリニック 当院は、Myobrace矯正を開発した「Myofunctional Research Company」から認定を受け、「Myobrace® Member」に加盟している歯科医院です。

加盟するには下記の条件を 満たす必要があります

Myobrace矯正を50症例以上行っていること
院内にアクティビティとコンサルルームが設置してあること
一年以内の講習会に出席していること
加盟説明会に参加していること

草加市の歯医者ラウレア歯科矯正歯科クリニックは、様々な条件や審査をクリアし、オーストラリア本部からMyobrace®Member(マイオブレース®メンバー)の認定を受けている歯科医院です。

装置の取り扱いや効果的なトレーニング方法を適切に行うことで、保護者の方と二人三脚でお子さんの健やかな成長をサポートしていきます。

お子さんにこのような
症状があれば、
ご相談ください。

マイオブレース矯正のメリット・デメリット

メリット

デメリット

その他: マイオブレースは国内未承認医療機器です。
入手経路:輸入元 株式会社オーティカ・インターナショナル、販売元 株式会社オーティカ マイオソースより入手しています。
http://orthika.jp/publics/index/118/
国内承認医薬品等の有無の明示:有り(220AKBZX00107000)
諸外国における安全性等に係る情報の明示:世界100ヶ国以上の子どもとその両親が、マイオブレース・システムの使用による矯正のメリットを実感しています。過去30年における研究の結果、マイオファンクショナル・リサーチ・カンパニー(MRC)が開発したマイオブレースは、顎の発育不全と悪い歯並びの原因治療に有効であることが証明されています。

マウスピース型矯正(インビザライン)

HyperFocal: 0
マウスピース(インビザライン)型矯正とは

ご自身で取り外し可能な透明に近いマウスピース型の矯正装置「マウスピース」
を使って歯を動かす矯正治療です。
ワイヤーを使用する矯正装置と比較すると、普段通りに食事や歯みがきができ、
見た目を気にすることなく治療を受けていただくことが可能です。

マウスピース(インビザライン)型矯正で歯が動く原理は、
基本的にはワイヤーを使用する矯正治療と同じで、歯に力を加えることにより、歯を支えている骨が一方では吸収され、反対側では添加され、
その結果、歯の位置が移動するためです。この移動を起こす力を、マウスピースで加えるのか、ワイヤーで加えるのかの違いです。

AlignerProfiles

アライナー矯正では歯並び・かみ合わせの精密な情報を口腔内スキャナーで記録し、
それを元に目標とする歯並び・かみ合わせをコンピュータ上でシミュレーションします。
最初の歯並びから目標とする歯並びに向かって、少しずつ形が違うマウスピースを、1日20時間以上、1〜2週間ごとに次の段階のアライナーを順番に装着することによって、
歯を移動させる力が加わり、歯が動きます。
マウスピースの力がうまく歯に伝わるように、歯の表面に白い突起(アタッチメント)を着けることが
ほとんどです。
アタッチメントはむし歯を削った後に埋めるのに使われる白いプラスチックと同じ材質・色で出来ており、ほとんど目立ちません。
また、ストリッピングやIPRと言って、歯を適切に並べるためのスペースを作るために歯と歯の間を1本あたり約0.5mm以内で歯の幅を小さくしながら治療する場合もあります。
上の歯と下の歯の前後的な問題を治すためにマウスピースや歯の表面につけた突起の間に取り外しのゴムを掛けてもらうこともあります。また、ストリッピングやIPRと言って、歯を適切に並べるためのスペースを作るために歯と歯の間を1本あたり約0.5mm以内で歯の幅を小さくしながら治療する場合もあります。
上の歯と下の歯の前後的な問題を治すためにマウスピースや歯の表面につけた突起の間に取り外しのゴムを掛けてもらうこともあります。 マウスピース型矯正には、様々なブランドがありますが、中でもインビザラインが最も世界で使用されている信頼のあるブランドです。
特に、インビザラインが優れている点として、最初のマウスピース型矯正でもあるため、歯を動かすメカニズムについて数多くの特許を持っており、他のメーカーでは難しいような移動も可能であることが最大の特徴です。
当院では、インビザライン専用の口腔内スキャナを用いて、質の高いマウスピース型矯正を提供しています。

インビザライン矯正のメリット・デメリット

メリット

デメリット

未承認医薬品

インビザラインは、薬機法上の承認を得ていません。

入手経路

インビザラインは米アラインテクノロジー社の製品の商標です。米アラインテクノロジー社のシステムを、インビザライン・ジャパン社を通じて利用しております。

国内の承認医薬品等の有無

インビザラインによる矯正治療は、現在世界中で行われており、一般的にはアライナー矯正と呼ばれています。日本ではマウスピース矯正と呼ばれています。
マウスピース矯正のための治療装置は、国内でも様々なブランドがあります。日本で『医療機器としての矯正装置』と認められるものは、薬事承認されている材料を使って、日本の国家試験をパスした歯科医師か歯科技工士が製作したものか、既製品であればそのものが薬事承認されていなければなりません。

インビザライン・システムは、アライナーの材料および型取りに利用する口腔内スキャン装置(iTero element)について薬事承認を受けております。
製作過程については、日本国内で歯科医師が患者様に合わせてオーダーしたものを、米アラインテクノロジー社が、海外にある工場においてロボットで製作します。
設計は日本国内で歯科医師が行いますが、実際に製作されるのは海外においてであり、ロボットにより製作されますので、薬機法の対象とはなりません(薬機法対象外)。日本国内で製作される類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認されております。

諸外国における安全性等に係る情報

マウスピース矯正を行うための装置は、インビザラインを含め、世界で数十社が販売しており、アメリカでは歯科矯正治療の1/3程度がマウスピース矯正装置で行われています。
インビザラインは、2020年10月現在、全世界で860万症例(アジア地域において100万症例)が治療されています。歯科矯正に伴う個別のリスク以外の重大な副作用の報告はありません。インビザラインは、薬機法の承認を受けておりませんので、医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。

矯正治療の費用

※費用は全て税込みです。

全額矯正

診断料33,000円
調整料3,300円
非抜歯矯正全顎(2年)550,000円
抜歯矯正全顎(3年~4年)660,000円
リテーナー33,000円
マイオブレース(9歳未満)400,000円
マイオブレース(9歳以上)440,000円
インビザライン(軽度)440,000円
インビザライン(中度)660,000円
インビザライン(重度)880,000円
診断33,000円
リテーナー33,000円